女性マーケティング女性心理商品開発セールス
商品開発 女性マーケティング

冷凍食品専門店PIKARへ潜入!行列の理由を緊急レポ

picard-660x400

 

いま、冷凍食品が熱い!日本冷凍食品協会によると、2015年の冷凍食品の市場規模は6870億円と11年から増加傾向(国内生産ベース)にあり、かつてのお弁当のおかずという脇役ではなく食卓の主食になるような高価格商品が売り上げ好調となっています。そんな中、東京の青山にフランスから冷凍食品専門店PIKAR(ピカール)が上陸しました。当店は連日若い女性たちが両列をつくり人気店となっています。JMCトレンドリサーチ部は東京青山のPIKARに潜入!なぜ冷凍商品が人気なのかその理由を探りに現地取材をしました。

 

 

 

現地レポ1:日本の冷凍食品とは何が違う?

 

店の外観はガラス張りになっていて店内の様子が外からもよくわかります。何やら店内は幅広い年齢層の女性客で賑わっているようですが、男性の姿もありました。人の流れのままに早速入店!

 

 

 

IMG_20170128_153152

 

 

店内は端から端まで保冷庫で連なり、あらゆる冷凍食品(以下冷食)がケースの中に入っています。冷食が入っている保冷庫には商品のできあがり写真が。

 

冷食と言えばこれまで手抜き料理の代名詞的存在でした。主にお弁当のおかずや働く女性のお助けアイテムでしたが、ピカールでは何かが違う。これまでの冷食のイメージが覆るような、華やかな商品が並んでいます。

 

入口近くには色とりどりのマカロン、エクレアなどのフランススイーツがラインナップされていて女子であれば写真を見ているだけで心が躍ります♪

オシャレだし、美味しそう!

 

 

マカロン

4種類のマカロン16個入り¥1383 (税込)

 

 

レッドロブスターやエスカルゴ、サーモンパイも!

おうち料理が一気にフランス料理になることをイメージできる素材も多数あります。値段は少々お高めですが友人とのパーティーをするならピカールの一品を添えようと勝手に決意してしまうほど。

 

 

ロブスター

サーモンパイ¥2380 (税込)

 

 

 

保冷庫の並ぶままに冷食にクギづけになっていましたが、ふと顔を上げると1枚のパネルが目に留まりました。パネル上部には「C'est  Picard!」と書かれています。

 

 

パネル

 

 

どうやらピカールのこだわりやミッションが書かれたパネルのよう。

ちなみに「C'est」と言う単語はフランス語で「これは~です」という意味を表すので、「これがピカールです!」と伝えているということになりますね。

何が書かれているのか読んでみました。

 

 

自然にこだわった商品

ピカールの商品はすべて、厳正な自社の品質基準を満たしています。(遺伝子組み換え生物原料不使用、硬化油不使用、塩分控えめなど)。バランスのとれた食生活の要となる1100種類もの商品が、バラエティーに富んだメニューをサポートし、食卓を彩ります。

 

日々の信頼に値する文句なしの品質

安全な生産地、厳選された生産物、素材や旬を生かした専門技術、正にそれがピカールの強みです。自社品質管理研究所では、品質および技術を保証するため、毎年7万回の検査を実施しています。

 

お客さまの生活をシンプルにするための美味しさと暮らしやすさの追求

お客さまの声に耳を傾け、ピカールは年間200種類の新商品を開発しています。お客さまの貴重な時間を無駄にしないよう、全商品がスピーディーな調理に対応、またはそのままでお召し上がりいただけます。家族での食事も、お一人の時でも、ピカールはお食事の喜びを繋ぎます。

 

あたたかい接客、徹底したサービス、そして笑顔!

ピカールは、お客さまをあたたかくお迎えすることを第一に考えています。商品知識を持った専用スタッフがお客さまをご案内します。ご自宅近くでストレスフリーなお買い物をお楽しみください。

 

 

 

なるほど。つまりは「お客さまの健康を一番とした食の安全基準を徹底し、お客さまの食事をシンプルかつ華やかに彩ることがポリシーです!」ということかと思います。

女性であれば関心が高いのは美容や食事のことです。硬化油(トランス脂肪酸を多く含む油)は老化やアレルギーを引き起こす原因となりますし、遺伝子組み換え材料もやっぱり不安だから家族にも自分にも食べさせたくない。そんな食の安全にこだわる女性たちが惹きつけられる完璧なミッション内容ですね。

 

JMC企画室のCOMASマーケティング®(女性が購買を決定する5つの心理と行動プロセスを表したフレームワーク)でもCOMASのC=コンセプトが第一項目に来ているように、女性は企業(商品)のコンセプトを厳しい目でチェックしています。(COMASマーケティングの詳細はこちら)

なぜなら企業(商品)コンセプトとは「お客さまへのラブレター」だからです。女性たちはコンセプトから「どれだけ私たちのことを考えてくれているか?」を読み取り、それがきちんと現実化されていることがわかった時購買を決意するからです。

 

よく女性には愛を伝える時に、言葉で伝えなければわからないとも言われますよね。

実は企業(商品)も一緒で女性マーケティングにおいては想いを伝えるC=コンセプトがかなり重要なのです。フランス人は女性の扱いが上手だとも言われますが、企業コンセプトもちゃんと女ゴコロをつかんでいるようです。

 

さらに私達はこのパネルを見て、明確に日本で売られている冷食との違いを発見しました。それはピカールがそもそも「冷凍食品」を売っているのではないといういこと。女性たちがいつでも安心して美味しい食事を豊かに食べられるようにした形がたまたま冷凍食品だっただけ、だからピカールは冷凍食品を売っているという考えに至ったのです。

だから冷食=脇役、ではなくピカールの冷食はどの商品も主役級の華やかさを放っているのでしょう。つまりピカールは強烈に「女性顧客ファースト」を提唱しており、女性たちはそこに熱い期待を寄せているようです。

 

 

現地レポ2:売れ筋商品を調査!結果は・・・

 

JMCトレンドリサーチ部は臆することなくスタッフさんへも突撃取材を敢行していきますが、さすがにこの長蛇の列・・・。

売れ筋商品についてはお客さまから調査することにしました!

 

IMG_20170128_153730s

 

 

お客さまはかなりの確立で「クロワッサン」を買っている様子。クロワッサンは焼けたものではなく、自宅でオーブンで焼成してから食べる半調理タイプです。値段もお手頃で10個入りで843円(税込)。自宅でフランス本場の焼き立てクロワッサンを食べられるのだから安いと思える価格帯です。気分はパリジェンヌ、ですね。

 

実際に女性の声が聞きたいJMCトレンドリサーチ部は、込み合う店内で30代女性3名様へインタビューをさせて頂きました。(ご協力ありがとうございました!))3名様はいずれも来店されるのが初めてとのこと。「何を買う予定ですか?」という質問では「雑誌などでも取り上げられていたクロワッサンです」という意見が多く、やはり女性のみなさんはトレンド情報を聞きつけ掲載商品目当てにご来店されるようです。

 

どんな時に利用しようと思っていますか?という質問では、

 

「子供のお誕生日会に使おうと思って来ました。」

「週末家族で食事をするのでその時用です。」

「バレンタインが近いので、スイーツを買いに。これだったら失敗がないし手作り感が演出できそうなので。」

ちっとしたイベントに使おうという声もありました。

 

さらにこんな意見もありました。

「量がちょうどいいので便利」

 

確かにこれまで輸入調理モノは「大容量」でした。コストコで買うパンは安くてたくさん入っているけれど、冷凍をして食べたり友人と分けて買いものをしたりと、何かと煩わしかった方も多いのではないでしょうか。しかしピカールはだいたいが2~4人分の量でまとめられています。お一人さまでも、そもそも冷凍なのですから保存もラクですよね。

 

女性たちの非日常を演出してくれながら利便性のよいものが、ヒットの要因のようです!

 

 

現地レポ3:実際にクロワッサンを焼いてみた

 

JMCトレンドリサーチ部も、話題のクロワッサンを購入!スタッフの一人が実際に焼いてみました。

 

 

焼く前クロワッサン

焼成前

 

生から焼くので、中はモッチリ外はパリパリでとっても美味しかったようです。焼き上がりは3倍くらいのサイズになり感動とお得感も倍増だとか。ただ、焼き上がりまでは20分くらいかかるので、休日のブランチがおススメとのことです。

 

 

クロワッサン

焼成後

 

カフェオレなどと一緒に楽しむなど、豊かな時間が過ごせるのが魅力ですね。そういった意味でもコストパフォーマンスが良いです。完全に冷凍食品のイメージが覆ったレポでした。

 

 

4.まとめのレポート

 

冷凍食品を脇役から主役に押し上げたピカールはとても女性たちの心をトキメかせています。「こんなものが欲しかった!」と言われる商品は業界の常識を超えることで生まれるのでしょう。フランスからやってきた冷凍食品専門店ピカールの女性ヒットの要因を再度まとめてみます。

 

【ヒットの要因①】女性ファーストの強力なミッション

【ヒットの要因②】女性の非日常を演出した商品ラインナップ

【ヒットの要因③】利便性の高い調理&保存方法の徹底

 

これからもヒットの要因を探るため、JMCトレンドリサーチは女性の行列のあるところに取材に行きます!トレンド情報を知っている方は、ぜひ教えてください。下のコメント欄からお待ちしています♪

この記事を書いた人/五丈凛華